治療を受ける上での注意点

歯医者

向き・不向きを理解しよう

マウスピース矯正は全ての人に適しているわけではありません。目立たないからと言ってマウスピース矯正を選択すると、思うような効果が得られないこともあります。歯列矯正を始めるなら、専門の医師とよく相談し、適切な治療を受けられるようにしなければいけません。

頻繁に取り外すと効果は半減

マウスピースは歯を徐々に動かすために装着するものです。装着時間は予め決められており、医師からもしっかりと説明されます。規定の装着時間を守らずに頻繁に取り外していると、治療が完了するまでの期間はだんだん長くなってしまうので、ルールを守るようにしましょう。

歯のブラッシングは丁寧に

マウスピースは自由に取り外せるため、他の矯正治療よりは虫歯のリスクが高いと言えます。しかしデンタルケアの質を落として良いわけではないので、歯のブラッシングの手を抜くと虫歯になる可能性が高くなります。

固い食べ物は極力避ける

矯正治療は歯を動かすことが目的で、治療中には多少の痛みがあります。固い食べ物を噛むと痛みが大きくなり、トラブルになりやすいので注意しなければいけません。また、噛む力が強いとマウスピースの破損に繋がることもあります。

正しい保管方法

事前に決められた装着時間以外は、マウスピースを外して保管しておくことになります。保管方法によってはマウスピースが破損する可能性もあるため、専用のケースに入れるなどして確実に保管するようにしましょう。また、歯石などが付着することもあるので、マウスピース自体のケアも不可欠です。

広告募集中